吉田 宏之

 

1961年   5月10日生まれ

1983年   甲南大学理学部卒 輪島にて父吉田啓一のもとで漆器製造を始める

1991年   石川県立輪島漆芸技術研修所卒

1998年   この年より東京ドームテーブルウェアフェスティバル“暮らしを彩る器展”に出展

2000年   輪島漆器青年会会長

2004年   伊丹国際クラフト展、主題「酒器」入選 ギャラリー舎林にて個展

2005年   全国伝統的工芸品公募展経済産業省製造産業局長賞 国際漆展・石川2005 金賞

        工芸都市高岡クラフトコンペ入賞

2006年   テーブルウェア大賞佳作 全国伝統的工芸品公募展 朝日現代クラフト展入選

        全国商工会連合会会長賞

2007年   テーブルウェア大賞佳作 全国伝統工芸品公募展生活賞 工芸都市高岡クラフトコンペ入賞

2008年   全国伝統的工芸品公募展 経済産業大臣賞 第43回全国漆器展林野庁長官賞

        石川デザイン展 物産協会賞

2009年   輪島塗総合コンテスト 輪島市長賞 テーブルウェア大賞入選 第17回「漆の美展」

        (財)伝統工芸品産業振興会会長賞

2010年   テーブルウェア大賞入選 経済産業大臣指定伝統工芸品輪島塗の伝統工芸士に認定される

        第45回全国漆器展 日本経済新聞社賞

2011年   テーブルウェア大賞入選 いしかわ伝統工芸フェア2011「美しい和のカタチ」グランプリ

2013年   東京ドームテーブルウェアオリジナルデザイン部門最優秀賞・東京都知事賞

2014年   国際漆展・石川2014 銀賞

 

 

吉田 ひとみ

 

2003年   吉田宏之、夫に弟子入り

2006年   高岡クラフト展審査員賞受賞 漆が楽しくなってくる

2007年   漆器の良さを知ってもらう為に積極的に展示会に参加

0000年   

2012年   輪島朝市通りにギャラリー「La Quarta」出店 輪島塗の発信につとめる

 

 

                      塗って、使って、考えて、又塗って、

                      日々の暮らしの中でうまれた器です。

 

© 2014  yoshida-shikkikoubou

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic